女の人

感染力が強いインフルエンザは予防できる|色々な対策方法

マスクと体温計

風邪と間違えやすい

インフルエンザは、体力が無い人が感染しるとかなり危険な状態になることもあります。そのため、こうしたインフルエンザは症状によってきちんと治療をすることが大切になります。症状は、様々なことで決まります。そのため、治癒法も症状で変化します。

ウィルス

予防するために実践しよう

ノロウイルスを対策するためには手洗いが有効です。殺菌と消毒ができる手洗い用の石けん液を使って、細かな部分まで丁寧に洗いましょう。その際は二度洗いすることで、よりしっかりと対策できます。また、手洗いのタイミングを頭に入れておくことも大切です。さらに消毒用のアルコールがあると安心です。

誰だって感染したくない

ウィルス

マスクの着用を

誰だってインフルエンザには感染したくないですよね。でも、秋冬のシーズンになると毎年のように全国的に大流行してしまうので、かかりたくなくてもかかってしまいのが現実です。とくに、お子さんが幼稚園や小学校に通っていると感染のリスクがおのずと高くなります。少しでもインフルエンザにかからないようにするには、やはり予防が欠かせません。秋口にはワクチン接種をし、人ゴミにはなるべく行かないようにしましょう。また、外出時にはマスクの着用が望ましいです。マスクは直接の予防効果は高くないとも言われていますが、マスクをすることにより指で鼻や口を直接触ることが少なくなるので、必然的にウイルスが粘膜に入りにくくなります。

感染を拡げないためにも

インフルエンザのコワいところは、熱が出るなどの分かりやすい症状が出る前から、すでに他の人に移す可能性があるということです。日ごろからマスクをする習慣があれば、万が一自分が感染したことに気づいていないだけで実は潜伏期間だったというときにも、他の人にインフルエンザウイルスを広げるリスクを減らすことができます。マスクの着用は、予防だけではなく、他の人に感染を拡げないという意味でも有効であるわけです。最近は使い捨てのマスクがどこにでも売っていますから、自宅には常備しておくのがオススメです。家族で住んでいる場合は、大人用、子供用とそれぞれのサイズを用意しておきましょう。使い捨てマスクは従来のマスクよりも衛生的なのでオススメです。

男の人

免疫力も重要です

免疫力に注目をして、インフルエンザの予防を進めていくことも大切です。栄養バランスの整った食事をとる事も大事なことですし、疲れやストレスを溜めこむことのないように、趣味を持ったり、休息をきちんと取る事も重要です。